fbpx

帰宅もトレーニング?!~体育会系帰宅部~【コンプレックス辞典No.10:学校への道のりが長くてハード】

誰もが心のうちに秘めている”コンプレックス”
しかし、それをちょっと見方を変えればアナタの武器になる!
もっとハッピーな人生を送れるように、ネガティブに捉えがちなコンプレックスをポジティブにネーミングしていく、それがコンプレックス辞典

コンプレックス辞典No.10

学校への道のりが長くてハード
=体育会系帰宅部

体育会系帰宅部の生態

電車やバスを乗り継いで片道1時間半以上もかけて通学している勇者。または、山を越え谷を越え川を渡り、崖を上ってやっと帰宅する冒険王。クラスに1人はかなり遠くから通学している人もいるのではないだろうか。彼女達は部活に入らない代わりに、体育会系の部活なみに足腰を鍛え、そしてメンタルを鍛えながら帰宅しているのである。

毎日自分と向き合って生きていく彼女達には強さを感じるわね。

体育会系帰宅部の取り扱い説明書

①通学時間=勉強や趣味の時間ではない!!

バスや電車の時間だって有効に使おうと思えば勉強とかできるんでしょ?と多々言われる。
しかし、意外と車内では教科書を開くことさえおろか、スマホを見る余裕すらない事が多い。
というか、歩いている時間もめちゃくちゃ長い。

②休日の集まりに気軽に行けない
委員会やクラス行事の集まり…
休日にイレギュラーに学校に行かなければいけない事があるが、平日の全力帰宅のおかげで体はヘトヘト…。
他のみんなとは違って、そんなに気軽に休日に集まる事が出来ないのがホンネ。
交通費もめちゃくちゃかかるしね…。

③ふと、なんだかんだ学校に通えてしまっている自分スゴイと思う
毎日他の人より下手したら2時間も早く起きているのに、家につくのもかなり遅いのに、なんだかんだ慣れてきて普通に通っている自分ってスゴイかもしれない、と自分に拍手を送りたくなる。
なので、みんなも彼女たちを尊い存在だと意識してほしい。

関連記事

  1. ホクロが多い人はロマンチック!?【コンプレックス辞典No.9:ホクロが多い→星空マスター】

  2. 天然パーマは歴史に名を刻む人物!?【コンプレックス辞典No.2:天然パーマ→クリエイティブヘア―】

  3. ”はるな愛”コンプレックス・いじめ・自殺も考えた過去を振り返る

  4. ”りゅうちぇる”自分が大嫌いだった中学時代

  5. “さなり”「自分を嫌いになるようなことはしていない、だから自分を好きでいられる」

  6. ”大きなお尻”だって長所に!お尻の形を活かしたコーデの紹介!

  7. 153㎝のおチビインスタグラマーから学ぶ”おチビコーデ”をご紹介!

  8. メンヘラはドラマの名監督!?【コンプレックス辞典No.5:メンヘラ→ドラマ気質】

  9. 出っ歯は幸せをもたらす!?【コンプレックス辞典No.7:出っ歯→ビッグスマイル】

PAGE TOP