fbpx

一人暮らしの初期費用は20万円で足りる?学生寮の利用も検討しよう

 

一人暮らしを始めようとしている人で、
「初期費用がどれくらいかかるか」不安な人も中にはいますよね?

そんな人のために🌟
一人暮らしをするときにかかる初期費用や、
初期費用をできるだけおさえるためのポイントを紹介します!

 

◆一人暮らしに掛かる初期費用の種類とは

 

一人暮らしをするときにかかるお金は家賃だけではありません😱

家賃以外にも色んなことにお金がかかることを事前に知っておきましょう!

そこで、家賃以外にどのくらいお金がかかるのかを紹介します!

 

・家賃だけじゃない、賃貸契約にかかる費用

 

一人暮らしを始めるときにかかるお金は『初期費用』といって、
家賃のほかにも賃貸契約をするためのお金が必要です😔

そのお金は目安として『家賃5カ月分』ともいわれ、
かなりのお金が必要なことがわかりますね。

一人暮らしを始めるときは、
必ず『家賃5カ月分』くらいのお金が必要ということを想定して、
賃貸契約を進めるようにしましょう!

 

◆賃貸契約にかかる初期費用の内訳

 

初期費用に家賃以外どんなものがあるのか知りたくありませんか?

どんなお金がかかるかを知っておくと、
初期費用をできるだけおさえることができるかも🤩

そこで、初期費用の内容について紹介します!

 

・学生の一人暮らしの家賃相場

 

学生の一人暮らしの家賃相場は大体3〜6万円といわれており、
都市部になると高くなる傾向にあります。

都市部で4万円以下の家賃の場合、
治安が悪い地域だったりすることもあるため注意が必要😠

また、これは全国的な平均相場で、
地域ごとに家賃相場は大きく変わるものです。

自分が住む予定の地域の家賃相場をあらかじめ調べておきましょう🙌

 

・敷金礼金

 

『敷金礼金』という言葉を、一度は耳にしたことがある人も多いのでは?

この『敷金』と『礼金』は別物で、
敷金は保証金として預けておくお金
礼金は大家さんにお礼として渡すお金のことです。

敷金は退去時に返却されることも多く、
逆に敷金がかからなかった場合は、退去時に高いお金を払わなければならなくなることもあります😰

『管理費』や『共益費』はその物件の共有スペースの維持に使われるお金のことで、
初期費用としてだけでなく、毎月かかるお金のことです。

大体家賃の5〜10%ぐらいと言われていますが、
これらがかからない物件もあります。

そのため、初期費用や家賃をおさえたい場合には、
この『管理費』『共益費』がかからない物件を選ぶことで、安くおさえることも可能です⭐

 

・不動産会社に払う費用

 

不動産会社に払う費用として『仲介手数料』というものがあります。

大家さんを紹介してくれたお礼として払うもので、
基本的に家賃の0.5〜1カ月分払うものです。

これは法律で『原則としては0.5カ月分、大家に承諾を得ている場合は上限1カ月分』と定められています💡

そのため、1カ月分を超えた額を支払うことはありません。
もしそれ以上を請求された場合は注意!

 

◆初期費用を20万円以下におさえる方法

 

ここまで紹介した初期費用が全部かかるとすれば、
大体20万円以上はかかることになるでしょう😱

しかし、初期費用をもっと安くで済ませることもできます!

そんな『初期費用を20万円以下におさえる方法』を紹介します🙆

 

①フリーレントや敷金礼金ゼロ物件を探す

 

初期費用をおさえるためには、『敷金礼金ゼロ物件』や『フリーレント物件』を探すのがおすすめ☀

この『敷金礼金ゼロ物件』はその名の通り敷金礼金が全くかからない物件のことをいい、
『フリーレント物件』一定期間家賃が無料になるという物件のことをいいます。

一人暮らしを始める人が多い時期である3〜4月には『敷金礼金ゼロ物件』も増えますし、
最近は『フリーレント物件』も増えてきているため、
時期を狙って物件を決めるのもよいかもしれませんね👍

 

②契約日や入居日を交渉しよう

 

初期費用として『前家賃』という、
事前に家賃として払うお金がかかります。

しかし、契約日や入居日が月の後半であった場合、
この前家賃が日割り計算になって安くなることや、払わなくてよくなることも✌

契約日や入居日は慎重に考え、
大家さんや不動産会社に交渉してみるとよいでしょう!

 

◆初期費用をもっと安くおさえるには?

 

「初期費用が20万円以下でもキツい」という人も中にはいますよね?

実は、ほとんど初期費用がかからない方法もあるんです💫

そんな「初期費用をもっと安くおさえる方法」も紹介します!

 

・大学や民間の学生寮や学生会館もおすすめ 

 

初期費用をほとんどかけたくない!という人は、
大学や民間の『学生寮』や『学生会館』に住むことを検討してみましょう!

『学生寮』や『学生会館』は、
初期費用が『入寮費』または『入館費』だけで、5万円以下であることがほとんどです🌟

また、家賃には光熱費と食費が含まれている場合も多く、
長い目で見てもかなり安くおさえることができるはず!

また、女性の場合、
『学生寮』や『学生会館』には管理人さんが常駐していることも多いため、
セキュリティーのことを考えてもかなりおすすめ!

 

◆まとめ

 

一人暮らしを始めるときの初期費用は絶対にかかるもの。
なので、どの部分をどうやって安くおさえるのかが重要となります💪

敷金や礼金が必要のない物件や、
フリーレント物件、学生ならではの寮など、
自分に合った物件で初期費用を安くおさえられる物件を探してみましょう!

関連記事

  1. 専門学校の面接でおさえておきたいマナー。注意したいポイントも

  2. あなたは正しく使えてる?覚えておきたい【正しい日本語講座】💡

  3. 賢い人はもう始めてる!高校生でも出来る貯金術☆

  4. 成人式の振袖におすすめのファーを紹介!式典後のファーの使い道も💕💕

  5. 専門学校の面接にかかる時間はどれくらい🤔🤔?面接中に注意すること!

  6. 初めての一人暮らしを楽しむインテリア女子編。目指せオシャレ部屋💕

  7. 卒業旅行に高校生カップルで行きたい!目的別おすすめの旅行先6選✨

  8. 卒業旅行におすすめの旅行先高校生編😳人気の国内外旅行先や注意点も💕

  9. “一生に一度の特別な日”を最高に可愛く💕【成人式準備ガイド】

PAGE TOP