fbpx

ニキビができたら潰す前に皮膚科へ行こう!🏥ニキビを予防する方法も🙌

ニキビの悩みを抱え、皮膚科を受診しようかどうか迷っている人は案外多いもの🤔💭

皮膚科で受けられる具体的なケアを知り、受診するかの判断基準にしましょう🙌

ニキビができるメカニズムや注意点、予防法もくわしく紹介します!✨

◆ニキビができる原因を知ろう💭

ニキビについて、簡単に言い表すならば、『毛穴に詰まった皮脂がもとで引き起こされる炎症』です。

『思春期ニキビ』という言葉があるように、思春期を迎えるころになると、ニキビで悩む人が急激に多くなりますよね。

これは、ホルモンバランスの変化などによって皮脂の分泌量が増え、毛穴が詰まりやすくなってしまうからなのです。

◆同じ場所に繰り返しニキビができるワケ

ようやく治ったと思ったら、また同じ場所にニキビができてしまった…そんな経験はありませんか?🤔

実はこれは、治ったと思っていたニキビが完全には治っておらず、そのせいで簡単に再発してしまうことが原因です。😱

ニキビの炎症を引き起こすのは、『アクネ菌』という常在菌です。このアクネ菌が繁殖するに従って、ニキビは以下のような進行過程をたどってゆきます。

  1. 微小面皰(びしょうめんぽう):毛穴が閉じる。自覚症状はない。
  2. 面皰(めんぽう)=コメド:白ニキビ・黒ニキビ。炎症や痛みはない。毛穴が白、もしくは酸化した角栓によって黒く見える
  3. 丘疹(きゅうしん)・膿疱(のうほう):赤ニキビ・黄ニキビ。炎上を起こし、腫れや痛みをともなう。全体が赤、もしくは膿によって黄色に見える
  4. 嚢腫(のうしゅ)・硬結(こうけつ):しこりニキビ。毛穴の周囲にも炎症が広がり、全体が大きなしこりのようになる

多くの場合、「治った」と思ったニキビは『面皰』の段階までしか回復していません。腫れや痛みのような具体的な症状は治まるものの、完治はしていないために再発を招いてしまうのです😱

◆ニキビができた時の対処法

赤くなったり、腫れたりと、悪化すればするほどに目立ってしまうニキビ😢。

スムーズに完治させるには、早めの対処が大切です☝️

ニキビの悩みに振り回されてしまうことのないように、正しい対処法や注意点を知っておきましょう!

*自分で潰すのはNG

『ニキビは潰してはいけない』という話を聞いたことがある人は多いのでは?

どうして自分でニキビを潰すのがNGなのかというと、その理由は大きく2つに分けられます。

  • 雑菌によって、ニキビが悪化しやすくなる
  • 自分では治せないような跡が残りやすくなる

ニキビを早く治したくて潰したのに、かえって悪化させてしまっては本末転倒ですよね😱

また、ニキビを潰した結果クレーター状のニキビ跡が残ってしまった場合、日常的なスキンケアでは回復させることは困難です。

キレイなたまご肌を目指すなら、ニキビを自分で潰すことは避けましょう。🙌

*悪化する前に皮膚科へ

自分でニキビを潰すことがNGなのは知っていても、どうしても早く治したい…😢

そんなときは、皮膚科の受診がおすすめです!🙌

皮膚科では、ニキビの中の皮脂を専用の器具で取り除く処置が受けられます。もちろん器具は滅菌されており、医師の手によるケアのため、雑菌が侵入し、肌に必要以上のダメージを与えるような心配もありません。

また、皮膚科では、ニキビの治療に効果的な薬を処方してもらうこともできます

塗り薬では、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを防ぐものや、炎症を抑えるもの。
飲み薬では、抗生物質や漢方薬、ビタミン剤など、症状に合わせた薬を保険診療内の料金で手に入れることができますよ!☺️

*ピーリングは全額自己負担

ニキビに悩み、いろいろと調べていく中で、『ケミカルピーリング』に興味を持ったという人もいるのではないでしょうか🤔💭

ケミカルピーリングは、簡単にいうと、肌に薬品を塗り、古くなった角質を剥がす治療です。古い角質とともに毛穴の詰まりも取り除くことができるので、毛穴の詰まりが原因のニキビの治療に広く利用されています🙌

ただし、気をつけなければいけないのは、このケミカルピーリングが保険適応外の治療であるということ。

皮膚科にもよりますが、ケミカルピーリングにかかる費用は、安いところで数千円、多くは1~2万円ほどが相場です。また、複数回の施術が必要となることが多いのも特徴です。あらかじめ料金を問い合わせるなど、事前にしっかりと調べた上で決断しましょう🙌

◆塗り薬をやめるタイミングが大切

皮膚科を受診して塗り薬を処方されたとき、悩んでしまうのが『薬を塗り続ける期間』ですよね🤔

赤味や痛みが引き、ニキビが目立たなくなってくると、「もういいかな」と塗るのをやめてしまう人は少なくありません。。。

でも、実はこれこそがニキビケアの大きな落とし穴。😱

表面上は治ったように見えるニキビでも、皮膚の下では炎症を引き起こす原因となるアクネ菌がまだまだ活動を続けています。この段階で薬を塗るのをやめてしまうと、再発の可能性が高くなってしまうのです。

いったん薬を処方されたなら、医師からストップの指示があるまでしっかりと塗り続けることが大切です!

◆ニキビは予防できる

できてしまったニキビにあれこれと悩むより、ニキビの発生そのものを防げたら…と思いませんか?

ここで、ニキビができにくい生活習慣について紹介します!🙌

*食事と睡眠がポイント!

肌も体の一部です。健康な肌を手に入れるには、健康な体を作る生活習慣が必要不可欠💪

では、健康な体を作る生活習慣がどのようなものかといえば、基本はやっぱり『食事』と『睡眠』

新陳代謝を活発にするため、積極的に野菜を摂って便秘を防ぎましょう。納豆や卵・レバー・バナナなど、脂質の代謝を助けるビタミンB群も積極的に取り入れるとよいですね。

また、たっぷりの睡眠を取ることで、取り入れた栄養を効果的に活用することはもちろん、ダメージを受けた肌の修復をうながしましょう!

*肌を清潔にキープしよう

ニキビは、毛穴の詰まりによって引き起こされるもの。また、雑菌の接触によって悪化してしまうものでもあります😢

ニキビを作らないことはもちろん、できてしまったニキビをスムーズに治すためには、清潔な肌を保つことが第一!

ここで、肌を清潔に保つための具体的なポイントを見ていきましょう✨

  • 1日1~2回の洗顔
  • 必要以上にニキビに触らない
  • 髪が顔にかからないヘアスタイルを心がける

洗顔は、肌に刺激を与えないようたっぷりの泡で丁寧に行いましょう。回数が多すぎるのも肌への負担となるのでNG!🙅‍♀️

毛穴詰まりと雑菌の繁殖を防ぎ、ニキビのないキレイな肌を目指しましょう!💕

◆まとめ

ニキビが目立って人に会うのが恥ずかしい、せっかく治ったと思ったのに何度も再発してしまう…😢そんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか🤔

でも、いくら早く治したいとはいえ、自分でニキビを潰すのは逆効果!かえって悪化させてしまい、治すのがむずかしい跡になってしまうリスクがあります。

できるだけ早く治すのであれば、専門家である皮膚科を受診するのがおすすめ。安全な処置や、効果的な薬を処方してもらうことができますよ🙌✨

正しいケアと生活習慣を身につけて、ニキビに悩まされることのない楽しい毎日を手に入れましょう!✨✨

関連記事

  1. 糖質制限ダイエットとは?正しい方法や注意点を詳しく解説!✊

  2. 【夢が見つからない時・進路・未来】👀状況別格言集🏃【人生】

  3. 気をつけて💦夏のプールで移りやすい3つの感染症!😢

  4. ハンドクリームだけじゃ足りない!【ひどい手荒れや乾燥に“重ねる”ハンドケアのススメ🙌💓】

  5. ドラッグストア(薬局)で買える💓生理痛におすすめの鎮痛薬5選💊

  6. 解消してスッキリ💓気になる“むくみ”の予防法☺️

  7. H(エッチ)が嫌い・苦手なJK向けおすすめ対処方法✨

  8. 【JK100人アンケート】これって私だけ!?やエッチについても❤︎女子のカラダの悩みランキング16選…

  9. ニキビを潰す癖はこうやって治そう!ニキビのできにくい肌づくり

PAGE TOP