《JKmusic🎧》3/17”sleepyhead 0th ANNIVERSARY LIVESHOW「透明新月」”武瑠さんライブレポート《ライブレポ🎤》

こんにちは!
本日は、3/17にSHIBUYA TSUTAYA O-EASTにて開催された”sleepyhead 0th ANNIVERSARY LIVESHOW「透明新月」”のライブレポートをお届けします✨

リハーサルの途中から見学させていただいていたのですが、ボーカリストそしてディレクターとしての武瑠さんのこだわりが垣間見え今回のライブにかける情熱が凄く伝わってきました!
開場時間の30分前くらいまでリハーサルをしていました💡


 

全ての行程を自分で確認し、アンコール後に流す映像の音のボリュームや間の取り方そして動きなども、ファンの人に喜んでほしいという思いから、リハーサルでも1つ1つ本番同様にやり、気になった部分はそのままにせず何度も確認する。

武瑠さんがボーカルをしていたビジュアル系バンドSuGは昨年の9月に行われた日本武道館でのライブをもって活休し12月に解散、それ以来のライブなので半年ぶり。

その間ファンの人たちも、心配していたり寂しかったり色んな思いを巡らせながら待っていたと思う。
そんな気持ちを分かっているからこそ”ファンの人のために”この日のライブを成功させようと、身を削りながらも真剣に準備していた。

 

・・・

 

開演時間が過ぎると照明が暗くなり、スクリーンに映像が流れる。数字がカウントダウンされていき月がどんどん姿を変えていく。
“13040820 SEC HELL”という数字で止まり、サポートメンバーが登場!
ダンサーも8人登場し歓声が響く中、武瑠が登場。

”踊れ!東京!”という言葉を合図に、「闇雲」が始まる。そしてフロアは海外のクラブのような雰囲気に。
”僕は光に飢えていたんだ”というフレーズを歌う武瑠は、いま光の中に立っていてshibuyaO-EASTにパンパンに集まった観客たちから大歓声を浴びていた。



”不完全でもステージに帰ってきました。結局。”と言い、体に刻まれる8ビートのリズムが気持ちのいい「結局」

”自分にウソついて賢くなった気がしても結局僕は僕でした”
”逃げてたくないんだ”
”キライだ キライだ キライな自分で終われるわけないだろ”
”泥水すすっても夢見てしまう僕だ”


という歌詞に、胸が締め付けられる。



”あえて”ただいま”ではなくて言わせてください。”初めまして”sleepyheadです!!”と挨拶。

”答えなんかなくたって決意一つで人は進めるって本当にその通りで。みんなと一緒に答えを見つけていきたい。”

”嫌な事があると自分は世界で1番不幸だと思っちゃうでしょ?心のどこかでは分かってたんですがそれは世界で1番ダサイ奴です。もう充分それを味わったのでので今日は世界一幸せになりにきました。”と宣言し「酩酊」へ。
手拍子が起こり、ダンサーが再び登場。妖艶な雰囲気が漂うフロアで体を揺らしながら音に乗る観客。


武瑠がエレキギターをかき鳴らす疾走感のあるロックな楽曲「熱帯夜」では男性ダンサーが登場。
”オーオオーオオッオー!”という覚えやすいサビのコーラスに観客も一緒に歌い、タオルを思いっきり回し一体感が生まれた。





次の「WANT ME BACK」では、首に鎖が繋がれた女性ダンサーが登場し、語尾を跳ね上げるセクシーな歌い方も相まってエロティックな雰囲気に包まれる。
曲が終わり、”これからの僕は、君たちが思っている以上に変態だと思います”と宣言し、
まだ鎖で繋がれたままのダンサーたちを投げキッスの魔法で助けるという演出に、観客から悲鳴が起こった。



本当は押さえてた日が別の日だったんだけど、3/17にキャンセルが出て偶然この日になった。
11年前の3/16、そしてこのO-EASTが初めてライブが決まった場所だという。

”当時は希望もなく無謀な一歩だった”と振り返り、”何もかも嫌だと思ったときもあったけど責任を持って終わる事が出来て本当の意味で踏み出せた。また大事なモノを作って傷つくのが怖くて、、でも踏み出す一歩です。”と「HOPELESS」

”一人きりが嫌いなくせに二人を選べなくて”
”誰かに包み込まれてくほど孤独になってく気がしてた”
”強がりで弱がりな空っぽな心を満たしていけるような何かが欲しくて”

という悲哀が押し寄せてくる言葉を、切ないバラード曲に乗せて届けた。


鍵盤の音色が綺麗なバラードナンバー「HURT OF DELAY」、ドラムの音に合わせて踊る姿がチャーミングだった「アトノマツリデ」、「退行的進化」ではコントロールパネルとPCを使いパフォーマンスをし、EDMの楽曲を披露したり新しい試みを見せてくれた。




”激しくいこうぜ!東京!踊れますかー?”と煽り「LAID BACK」、「狂宴騒々」では扇子を掲げ踊ったりジャンプをしたり、フロアを最高潮に盛り上げる和ロックを披露し本編が終了した。



”ありがとうございました”と言い武瑠がステージから立ち去ると、すぐにアンコールが起こる。
すると右側にあるステージの幕が上がりバニーの格好をした女性とヘルメットを被った男性が登場。

スクリーンにはヘルメットを被った男性の操作するパソコンの画面が映し出され、途中そこにエッチな画像が映し出されてバニーの女性が怒るという寸劇もありつつ、sleepyhead 1stフルアルバム『DRIPPING』の発売そして<sleepyhead LIVE TOUR 2018 “DRIPPING”>の開催が発表され、大歓声が起きた。
武瑠やサポートメンバーが出てきてもその歓声は鳴り止まなかった。

バンドメンバー紹介をし、武瑠のMCへ
”今回のテーマが不完全復活ということでライブの日にちだけ決めて曲を書きまくりました。打ち込みの素材が揃ったのは昨日です。”

”俺さMCいつも上手いじゃん?(笑)
でも今日は信じられないくらい何を伝えたら良いか分からない。まだ自分の中で決まってなくて。
それだけ10年が大切だったって事。でも中途半端なままステージに立ってもいいんじゃないかなと思いました。
一緒にまたスリーピーヘッドを作って行きたいなと思います。これからよろしくお願いします。”

”発表してからもステージに立てるか不安があったんですけど今日みんなのあったかくて一緒に楽しもうという頼りになる笑顔が見れて頑張ろうと思いました。
その隣に前みたいに着いてきてください”

と伝え、本編でも盛り上がった「酩酊」と「熱帯夜」を披露。

 

”話す事がまとまらないのはもう1つ理由があるのかな?って今日ライブをしていて思いました。
バンドを始めて10年11年経って見えてるものも変わってきて、ただ音楽をやりたいという綺麗な気持ちだけじゃなくて、伝え方が難しいんだけど、メンバーにとって責任を持って終わる事が出来ないということがどれだけ事が悔しかったか。

予想を超えるトラブルに見舞われて音楽や何もかも全部信じられなくなったけど、その後メンバーだけで話をして自分たちもためにファンのためにみんなのために責任を持って終わろうよって話を出来た事が、、みんなにとっては辛い皮肉な事だと思うからすごく伝えるのが怖かったんだけど、でもメンバーにとっては逃げずにちゃんと失うって事がどんなに大切な一歩だったのかってのがやっと発表が出来て思いました。
ちゃんと失えて良かった。

そして俺はずっと悲しんでちゃダメでちゃんと全てのものを背負って前に進む義務があると思いました。
それは準備なんかが出来てなくても、まずは人として進める一歩目が必要だなと思い、こうやってギリギリの状態で歌っています。

その間で助けてくれる人はいっぱいいました。
でもその時は心が麻痺しててちゃんとその人たちに感謝を伝えられて無いし、本当に助けてくれる人はいっぱいいたんですけど僕その人達に感謝する余裕もなくて、もう自分は人前に立つ事も難しいのかなと。
今日のライブを発表した後でもちょっと思ってました。


でも俺が10年かけて教わった事は、心を鈍くして傷つかない事じゃなくて全身で傷ついてそれを糧にして前に進むことなんじゃないかなと思いました。

10年かけて教えてもらった事をこれからはちゃんと歌にして届けて共有して、さっきも歌詞に書いたけど『どんだけ嫌な事があっても辛い事があってもただの遠回りだったね』ってみんなと一緒に思えたらすごいそれだけで幸せだなと今日改めて心から思いました。

みんなに貰った教えてもらった、人に感謝を伝える気持ちをこれから助けてくれた人たちに届けたいなと思います。
今日はミュージシャンとしてじゃなくて人間としてみんなと一歩目を共有出来て心から幸せでした。ありがとうございます。” と涙を浮かべながら話した。


最後は”生きたくて生きたくて生きたくて死にたくなる”というフレーズが印象的な、逆境も希望に変えて行くという意思が込められた楽曲「ALIVE」
最後に「みんな、今日は月が綺麗ですね」という密やかな愛の言葉を告げ、この日のライブは終わった。



”過去があるからみんなから応援してもらえてるだけなのも分かってます。
ちゃんと過去を越えられるように頑張ります。期待していてください。”

という地に足がつきながらも、未来の飛躍に向けた力強い言葉を残してステージを後にした。

 


この日の武瑠さんが発した
”決意一つで前に進める”
”ちゃんと失えて良かった”
”心を鈍くして傷つかない事じゃなくて全身で傷ついてそれを糧にして前に進むこと”いう言葉がとても印象に残っている。

人生は選択の連続だから選び間違えて失敗する事もあるし自分のせいじゃなくても悲しい出来事も沢山起こったりするけど、それでもそんな出来事を受け入れて前に進むしか無いし、悲しくても勇気を出して終わらせたり、傷が癒えてなくても決意して一歩踏み出し成長していかなくちゃいけないと思わされた濃いライブだった。

 

 

次回、3/17”sleepyhead 0th ANNIVERSARY LIVESHOW「透明新月」についての武瑠さんのインタビューを掲載します!
サイン入りチェキのプレゼントもあるのでチェックしてくださいね😄
4/20更新予定!✨

セットリスト
1.闇雲
2.結局
3.酩酊
4.熱帯夜
5.WANT ME BACK
6.HOPELESS
7.HURT OF DELAY
8.アトノマツリデ
9.退行的進化
10.LAID BACK
11.狂宴騒々
アンコール
1.酩酊
2.熱帯夜
3.ALIVE

 

 

sleepyhead 1stフルアルバム『DRIPPING』
2018年6月20日発売
価格:3000円+税
品番:SACT-0002
レーベル:STREET GOTHIC LABEL
全13曲収録予定
【アルバム限定BOX受注販売特設サイト】
http://shop.million-d- orchestra.com/?tid=13&mode=f3

<sleepyhead LIVE TOUR 2018 “DRIPPING”>
2018年7月6日(金)下北沢 BasementBar
2018年7月21日(土)心斎橋FANJ twice
2018年7月22日(日)名古屋 ライブホール M.I.D
[料金] スタンディング¥4,860(税込)DRINK代別
[一般発売日] 2018年6月2日(土)

<sleepyhead LIVE TOUR 2018 FINAL “Hole”>
2018年7月29日(日)渋谷WWW X
OPEN/START 16:30/17:15
[料金] スタンディング¥5,400(税込)DRINK代別
[一般発売日] 2018年6月2日(土)

クラウドファンディングプロジェクト概要
名称:mission 0 sleepyhead 秘密結社 S.A.C.T.を発足せよ!
期間:2018年3月3日(土)20::00 ~4月24日(火)23:59
URL:https://camp-fire.jp/projects/view/67057

sleepyheadオフィシャルサイト
http://sleepyhead.tokyo/
sleepyhead武瑠オフィシャルツイッター
https://twitter.com/ta_streetgothic

関連記事

  1. 【PickUP】❤ポーズ解説付き❤ピューロに行きたい欲が溢れ出す【写真スポット】をご紹介♡ by E…

  2. バレンタインメイクにも♡ヴィセの限定品【グラマラスリッチ アイパレット】をご紹介♡♡

  3. 【PickUP】【今流行りの「ナイロンジャケット」着こなし術☆】私服にも制服にもピッタリ♪ by E…

  4. 【PickUP】もう迷わない♡系統別【耳元アクセサリー】をご紹介!

  5. 【PickUP】松坂桃李さん初のダークヒーロー!!映画『不能犯』の舞台挨拶付き完成披露試写会をプレゼ…

  6. 【終了】シンデレラLAB第8回
    “現役美大生兼ジュエリークリエイターの本音トーク♡”…

  7. 【PickUP】“正しい顔の向き”とは?!【写真写りを良くする3つのポイント】をご紹介☆★ by E…

  8. 【”美”に特化した業界に興味がある高校生必見!】国内&海外で活躍している人材を輩

  9. 【映画「ハローグッバイ」の試写会を開催しました!】萩原みのりさん・久保田紗友さん・菊地監督のトークシ…

PAGE TOP