《JKmusic🎧》2/22★10-FEETさんライブレポート!✨《Zepp Tokyo🎤》

こんにちは!
みなさんは京都大作戦という夏フェスは知ってますか?

2017年はMy Hair is BadやヤバイTシャツ屋さんやCreepy Nuts、湘南乃風やRADWIMPSやSUPER BEAVERやマキシマム ザ ホルモンやWANIMAなどなど素晴らしいアーティストたちが勢揃いした夏フェス!!
出演しないアーティスト仲間も、わざわざ東京各地から新幹線に乗って京都までその為に出向いて見に行くというみんなから愛されている夏フェスです!😄

今年も7/7と7/8に開催されるみたいです👐

そんな、素敵な夏フェスを主催しているのが10-FEETというバンド!
京都出身の3人組ロックバンド🎸
メロディックな音楽が聴いていて気持ちよくて、歌詞が沁みる良い曲もあればジャンプしたり暴れたくなるような激しい曲もある!
とても熱いバンドです٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

そんな10-FEETさんの2/22にZepp Tokyoで行われたライブのライブレポートをしたいと思います!
ご覧下さい!😊


開場し、会場に入る。
始まるまではそれぞれ携帯をいじったり、友達と喋っていたり、

”今日のライブはどんなセットリストなんだろう?”
”好きな曲をやってくれるかな?”
”まだかなぁ?”などそれぞれ期待を膨らませながらライブが始まるのを待つ。

まもなく照明が一気に暗くなり、歓声を浴びながらKOUICHI→NAOKI→TAKUMAの順に登場!
1曲目は「1 size FITS ALL」を演奏。
一気に会場の雰囲気が変わりZepp Tokyoに熱気が充満していく。

「火とリズム」は照明の赤と青が、曲とマッチしていた。
「SHOES」ではメロディックスカ調なリズムがフロアを揺らす。
音に乗って体を動かす人もいれば、
ダイブをする人もいる、
はたまた笑顔で見てる人もいて、
色んな形でみんなライブを楽しんでいる。
ライブが初めての人もライブ慣れしてる人も、一緒に会場を作り上げていた。

「fast edge emotion」では”腹から声を出せー!”と煽り、それによって会場のボルテージが一気に上がり、5曲目の「2%」では前向きな歌詞に勇気づけられた。

”いつかいつかはまた会える
あの人にだってまた会える
別れも出会いも 君が大きくなるために
いつかいつかはまた会える
大人になっても大丈夫
あなたはいつまでも
笑うときは子供のまま
Wow…また会える子供のまま”
引用:http://j-lyric.net/artist/a0026ab/l008fce.html

卒業シーズンにピッタリなフレーズ✨

続いてMCへ!
(MCの一部抜粋)
”最近歌詞を書く時に、「一人じゃないよ」って事が書けなくなってきていて。。
「やっぱ一人やしなぁ」って思うし。
「一人で頑張らなきゃアカン事たくさんあるしなぁ」って!”

綺麗ごとだけじゃないところがリアルで、嬉しい。

そしてKOUICHIの声が鳴り響く6曲目の「十二支」、7曲目はギターリフが印象的な「JUNGLES」、「Fin」ときて
9曲目の「風」はKOUICHIとNAOKIが見つめ合う演奏姿にほっこりした。

”いつまで歩けば辿り着くの
笑って振り返る日はくるの
一人じゃ無いのにないのに一人きりで
いつまでも僕は笑えるかな
引用:http://j-lyric.net/artist/a0026ab/l01b341.html

10曲目は歌詞の面白い「月 ~sound jammer せやな~」
KOUICHIに向けてギターソロをするTAKUMAの姿が印象的だった。

物凄い盛り上がりで会場内もとても熱くなっていた。
MCでTAKUMAも”今日はお調子者ばかりが集まってます。飛ばしすぎじゃない?”
”見ろよ!この霧!お前らから出てるんやで?”と言うほど!

そしてKOUICHIのMCへ。

照明がスポットライトになり、マイクのエコーもかなり効いていて声がキレイに響く、幻想的な空間に。
”ここを海やと思え”というKOUICHIの言葉に”たしかに”と頷いてしまうほど。
”熱帯魚みたいやろ?”というKOUICHI。
Finの意味が、魚のヒレという意味なので「10-FEET “Fin” TOUR 2017-2018」にちなんで魚の話題を出しているのかな?と思った。

TAKUMAの”10-FEETのライブでは使ってない照明やレーザーをお前のために使ってる”というツッコミで観客たちを笑わせ、11曲目の「FUTURE」へ。
歌詞が高校生の心情を歌ってくれているようで深く共感出来る歌詞。

この先になにがあるかも わからぬまま時間だけが経つ、、、
自分が一体何をしたいのか? 何を求めているのかも解らない、、、
引用:http://j-lyric.net/artist/a0026ab/l023852.html

心配ない!心配ない!この時間は無駄じゃない!
心配ない!心配ない!誰にでもよくある事!
心配ない!心配ない!それすなわち君は
小さい頃からの夢追ってる!小さい頃からの夢追ってる!
引用:http://j-lyric.net/artist/a0026ab/l023852.html

「super stomper」そして13曲目の「back to the sunset」は黄色の照明が綺麗で会場全体がキラキラしていた。

「4REST」

MC
(一部抜粋)
友達なんかおってもおらんくてもいい。
一人でもええねん。
今おらんくてもいいし。
いつか出来たら良いし。
沢山でも一人でもめっちゃ分かってくれる人が一人でもいたら、寂しがってくれる人が一人でもいたらいい。
でもなるべく寂しくなりませんように。
と言い、「夢の泥舟」
”お前ら早い曲好きやろー!”と「STONE COLD BREAK」。

”明るいところへ向かう根暗な曲です”
と、「太陽4号」

「まぁいいや」が増えました
優しさか諦めか
強くなったからか弱くなったからか
正直僕にも分からないのです
引用:http://j-lyric.net/artist/a0026ab/l04169b.html

オレンジと黄色の照明が太陽みたいで綺麗だった。
TAKUMAのファルセットと少し擦れた声で、感情が伝わってきて胸が締め付けられる。

18曲目「アンテナラスト」

言葉足らずでなければ僕ら
届かないことを知らないから
身を寄せ合うほどに僕らは
また傷つけ合いました
引用:https://www.uta-net.com/song/210365/

19曲目の「VIBES BY VIBES」では観客たちが拳を振り上げジャンプし、「goes on」「蜃気楼」と続き、暴れ曲の「1sec.」では盛り上がりもピーク!!!

そしてもともとアンコールで予定していた曲もそのままの勢いで演奏が続く。
「ヒトリセカイ」
”我慢ばっかりしている君の変わりに叫んでやる!”と話し「その向こうへ」

悲しみの奥に何かが在るなんて
聞きたくないけれどしがみついた
小さな自由は虚しさ煽って
忘れてた日々が喉まで込み上げた
寂しさも虚しさも一雨ごとにその姿を変えて
引用:http://j-lyric.net/artist/a0026ab/l026a32.html

曲が始まると同時に大きな歓声の沸き上がった「RIVER」は、曲の持つパワーが凄く、更に会場が1つになった。
本来はここまでで終わりだったがステージ上で急遽メンバーが話し合い曲を増やすことになり、その場で曲を決定。
「JUST A FALSE! JUST A HOLE!」と「hammer ska」を演奏。

観客たちは、決まった事をそのままやるのではなく状況を見てその場で判断出来る主体性のある10-FEETに、音楽だけじゃなく人間としても好きでついて行きたいと思っているんだなと思った。

ライブに行くたびに何か発見や学びがあり、その後の生活でも影響されていたりする。
良い音楽は、音楽という1つのカテゴリーだけに留まらず道徳や自己啓発やライフスタイルなど、さまざまな事を教えてくれるのかもしれない。

 

 

カメラマン:HayachiN
取材・文:青山あやか


夏に開催される10-FEET主催の「京都大作戦1018~去年は雷雨でごめんな祭~」も、そんな10-FEETさんに賛同するカッコイイアーティストばかり集まると思うので是非チェックしてみてください✨

「10-FEET “Fin” TOUR 2017-2018」2/22 Zepp Tokyo
セットリスト
1.1 size FITS ALL
2.火とリズム
3.SHOES
4.fast edge emotion
5.2%
6.十二支
7.JUNGLES
8.Fin
9.風
10.月 ~sound jammer せやな~
11.FUTURE
12.super stomper
13.back to the sunset
14.4REST
15.夢の泥舟
16.STONE COLD BREAK
17.太陽4号
18.アンテナラスト
19.VIBES BY VIBES
20.goes on
21.蜃気楼
22.1sec.
En.
123.ヒトリセカイ
224.その向こうへ
325.RIVER
426.JUST A FALSE! JUST A HOLE!
527.hammer ska

10-FEETオフィシャルサイト
https://10-feet.kyoto/
京都大作戦1018~去年は雷雨でごめんな祭~サイト
http://kyoto-daisakusen.kyoto/18/
TAKUMA Twitter
https://twitter.com/takuma10feet
NAOKI Twitter
https://twitter.com/naoki10feet
TAKUMAインスタグラム
https://www.instagram.com/takumamitamura/?hl=ja
NAOKIインスタグラム
https://www.instagram.com/naoki_10feet/
KOUICHIインスタグラム
https://www.instagram.com/kouichi1975/?hl=ja

関連記事

  1. 【PickUP】【Instagram裏ワザ】“ストーリー” をもっと可愛くする方法4選★ by EM…

  2. 「FUKI」さんFashion snap🌴《music🎧》

  3. 【PickUP】JKライターおすすめ!!【無印良品のプチプラコスメ☆】をご紹介♡ by EMMARY…

  4. 全ステージ見られる-ステージ豪華特典特集

    【シンデレラフェスVol.5】全ステージ見られるかも⁉ ステージ“豪華特典”特集✨

  5. 【PickUP】☆2日目☆【SUMMER SONIC】潜入レポート♡夏はサマソニに行かなきゃ終われな…

  6. 【PickUP】サブカルだけじゃなかった!【中野のおしゃれカフェ】が今熱い! by EMMARY

  7. バズるスマホケース”バスホ”デザインコンテスト開催決定!

  8. 【PickUP】【美脚に見えるスカート】をご紹介♡あなたの脚を長く!細く! by EMMARY

  9. 【PickUP】秋元康プロデュースのアイドルグループ【ラストアイドル】って??(゚∀゚)★☆ by …

PAGE TOP